書籍・雑誌

2013/06/28

『毎日パンダ』

1372346686864.jpg
小春は並んでも見られないもんねー。

届きました、『毎日パンダ』(高氏貴博、平凡社)。

ブログと同じく、日記になっているので、季節感たっぷりに、シンシンとリーリーの日常が伺えます。

【送料無料】毎日パンダ [ 高氏貴博 ]

【送料無料】毎日パンダ [ 高氏貴博 ]
価格:1,155円(税込、送料込)

| | コメント (0)

2009/04/13

『Clara』5月号にジャスミン特集!

2009年5月号の『クララ』に、毎度おなじみ「バレリーナ・ドリームズ」発売前情報がのっています。5巻の『スターをめざして』は、ジャスミンのお話。ロイヤル・バレエ・スクールのジュニア・クラス受験をコラリーに勧められるのだけれど、ここでまたパパが大反対。いやいや、進路ってほんとうにむずかしいです。親は子によかれと思っていても、それがほんとうに正しいかどうかは、だれにもわからないですからねえ。今回は、プロのダンサーのレッスン風景も登場して、かなり迫力あります。

ほかには、ニーナが子どもたちにレッスンをしている風景がすてきでした。ほんとうに、人間としてなんてすばらしいひとなんだろう……。

| | コメント (0)

2008/03/14

『12歳の文学』

審査をちょっとだけお手伝いしました。
最終候補くらいまで残る作品は、ほんとうに小学生?! と思うくらい、うまいんですよ。表現も豊かだし、理屈もとおっているし。このくらいの年齢から継続して文章の技術をみがいたら、将来すごい大物になりそう。なにより、いまのみずみずしい感性を大切にしてほしいです。

| | コメント (0)

2007/10/11

ノーベル文学賞

今年はイギリスのドリス・レッシング(Doris Lessing)が受賞した。

わがジョイス・キャロル・オーツは、毎年候補として名前があがるのだけれど、今年はけっこう下馬評が高くて、受賞したらコメントと寄稿原稿を、なんてこのわたしがいわれていたくらいだったので、いよいよ? と思ったら、やっぱりだめだった(オーツファンのMLでは、今年もダメそうだねーなんて感じだった)。いやでも、じっさいいつ受賞してもおかしくないから、今後の楽しみにとっておこう。

しばらくアメリカの受賞者がないし、近いうちにアメリカ大陸のだれかが受賞するのだろうけれど。(カルロス・フエンテスやマリオ・バルガス・リョサとかも有力候補。)

| | コメント (0)

2005/11/01

『hatch! はっちゃん日記』

hatch!
hatch!
posted with 簡単リンクくん at 2005.11.13
八二 一写真
青心社 (2005.11)
通常2-3日以内に発送します。

今や大人気、浪速のアイドルネコはっちゃん。最近はネコ雑誌でもよく見かけるので、うちの小春と模様が似ていることから興味をもった。もともと、ネコの写真集はあまり見ないないが、写真がうまいし(プロだから当たり前だろうが、愛情の入れ具合がちがう)、シンプルなコメントが、ほどよく親バカかつユーモラスで楽しい。神戸の公園で地域ネコだったはっちゃんを写真家八二一(はに・はじめ)氏が里子にむかえたそうだ。ブログのはっちゃん日記はヒット数が一日2万もあるのだとか。

はっちゃん日記のある八二一氏のサイト きみのニャは、

| | コメント (0)

2005/10/28

『オラクル』

オラクル
オラクル
posted with 簡単リンクくん at 2005.10.28
キャサリン・フィッシャー著 / 井辻 朱美訳
原書房 (2005.2)
通常1-3週間以内に発送します。


いにしえの香り高きファンタジー。

原書房の担当編集者さんから、「さいきんブログがネコばっかりで、児童文学はどこへいったというクレームが社内からきています」とのこと。いやいや、チェックしてくださっているのですね。ありがとうございます&すみません。でも、その分、雑誌で書いたりしているんですよ。原書房の『オラクル』も、『小学六年生』10月号で紹介いたしましたー!(←おもいっきり、言い訳くさい)気づいたら親バカ大爆発のネコブログになっていますが、もちっといい具合のちゃんぽんになるようにがんばりますです。

| | コメント (0)

2005/09/12

『あなたのそばで』

あなたのそばで
野中/柊??著
文芸春秋 (2005.9)
通常24時間以内に発送します。

野中柊さんの最新作。オムニバス形式の短編が6話収録されている。

どれも恋の話で、甘いだけではなく、ときには切なく、ほろ苦いときもあるのだけれど、全体として野中さんのポジティブなパワーが全開で、読んであとに、ほんわりと温かい気持ちになって、元気がでてくる。各話の主人公キャラが、別の話のキャラとつながりがあったり、ちょこっと登場したりするところが、人間のつながりのふしぎさを物語っていて、個人的にはこういう構成はとても好き。帯でうたっているように、恋もそうだけれど、人と人との関係も奇跡的なめぐりあわせってあるとおもう。

江國香織みたいに、心の動きをタイムリーにつかむ描写がうまいのだけれど、野中さんの場合は、江国さんのようなナルシストなところがなく、さらっとしている。でも、それでいて、人間の核心部分をするどくつかんでいる。

| | コメント (0)

2005/04/16

ペットフードで健康になる

ペットフードで健康になる
坂本 徹也
光人社 (2005.2)
通常24時間以内に発送します。

小春と小町の離乳食にむけて、ペットフードをあれこれさがしているとちゅうで見つけた一冊。スーパーやホームセンターで安価で買えるペットフードがよくないのは知っていたけれど、かといって毎日手作り食をつくれるほど手間暇かけられないので、体によいペットフードをさがしていた。

この本でも紹介されている犬猫自然食本舗のドライタイプのお試しを取り寄せて気に入ったので、小春と小町にあたえる予定。もちろん、よい素材を吟味してつくったフードだから、「一般的」なフードと比べたらとっても高いが、うちはもともと食品も日用品も価格より品質でえらんでいるし(ちなみに、必ずしもいいもの=高いわけではない)、大切な小春と小町にもいいものを食べさせてあげたい。

| | コメント (0)

2005/03/26

新刊『きえたヒーローをすくえ』

ドラゴン・スレイヤー・アカデミー 6 きえたヒーローをすくえ
ケイト・マクミュラン作・神戸万知訳・舵真秀斗絵

出版社 岩崎書店
発売日 2005.03
価格   ¥ 840(¥ 800)
ISBN   4265068561
ウィリー、エリカ、アンガスは、ランスロット卿を救うため、旅に出ます。でも、相手はおそろしい魔女モルガンです。どうしたら助け出せるのでしょうか? そんなある夜、茂みの中から、しわだらけの犬が、姿をあらわしました。 [bk1の内容紹介]

bk1で詳しく見る  オンライン書店bk1

| | コメント (0)

2004/12/03

論文「ドミニカ独裁政権下の少女の成長」

「ドミニカ独裁政権下の少女の成長 フーリア・アルバレスのBefore We Were Free をとおして」(論文、『白百合児童文化』XIII、2004年3月)

(注:奥付は2004年3月ですが、実際に出たのは同年12月。「ロラおばちゃん」の翻訳をする前に再校まで済んでいたので、作者名の表記が「ジュリア」だったり、「ロラおばちゃん」が「遊びにきたロラおばさんがうちに居着いた理由」(仮題)になっていたりします。作者名は、「ロラおばちゃん」の作業中に作者のエージェントの方に確認して、「ジュリア」「フーリア」どちらもでもOKだが、本人は「フーリア」のほうが好きみたい、ということだったので「フーリア」にしました。)

| | コメント (0)