翻訳家の小道具

2011/01/25

Kindle到着

91C78356-1F94-4066-AE9C-C0C836A10DB8
続けてKindleも到着。早速セットアップした。便利〜。スリープにするたびに、毎回違う著名作家の画面になるのが楽しい。あ、基本的に英米系ね。今回はマーク・トウェイン。

本文読み上げ機能とか、親切。速度は三段階あって、ナレーターの性別も選べる。

なにより、新刊がサンプルダウンロード出来るのがいい〜。これで、買ってみて失敗〜ってのがすこしは減るかなあ。日本語の電子書籍はまだ新刊が少ないけれど、英語はハードカバーと同時ってのがめずらしくなくなってきたので、Kindle安くなったし、英語読みにはおすすめ。

| | コメント (0)

2011/01/24

Kindleカバー

1A0E1951-0EAC-40A7-BB37-99256AB5BBE6
ついにKindleデビューすることにした。まだカバーしか届いていない。本体も一緒に頼んだのだけれど、別送にされた。税関の関係?

このカバー、注文したときは35ドルだったのに、その後、59ドルに値上げ?していた。安く買えてラッキー。でもちょっと重いかなあ。

| | コメント (0)

2008/05/17

バランスチェア

080516_1740画像:わたしがいないすきにすかさずバランスチェアにのった小春

職業病というか、ここ数年、半年に1回くらい腰痛がくるのだけれど、今年の一発目は、ゴールデンウィーク中にやられた。眼精疲労もそうだけれど、徐々にたまったものが、火山みたいに爆発するような感じ。しかも、今回はGW後にまた悪化した。もともと慢性的な運動不足が、休みに入って引きこもりになり、さらに拍車がかかったのが原因だろう。真っすぐ立って歩くのも困難になり、これじゃあやばいので、運動をしなくちゃと思ったのだけれど、ついでに日頃のイスも、けっこう本格的なオフィスチェアを使ってはいるものの、あまりに長時間座っているから、どうしても前かがみになって、背中にも胃にも大きな負担がかかる。で、前から知っていて気になっていたバランスチェアを、ついに買うことにした。知りあいの作家さんでも愛用者がけっこういるし、この前聞いたら、やっぱりいいといっていた。

バランスチェアというのは、本家はノルウェーのリボ(Rybo)、ストッケ(Stokke)、ホーグ(Hag)の3社だそうで、数千円で売っている類似商品はイスの角度とか強度とかに問題があってよくないとか。

『通販生活』にものっているリボか、ストッケのマルチかで悩み、ネットでいろいろ調べた。マルチは折りたためるからよいけれどやはり一時的な作業用というし、全体としてリボがよさそうなので、リボにした。

楽天でも買えるけれど、通販生活では専用カバーも売っているので、そちらで購入。うちはお嬢さんたちが噛んだりするから、カバー必須なのだ(爪とぎは、たとえしても、短く爪を切ってあるから無問題)。でも、リボ販売店のサイトを見ると、もともとの天然ウール素材は汚れにくく&手入れも簡単だし、感触もいいので、カバーなしがおすすめと書いてある。

で、到着したバランスチェア。たしかにいい感じ。背中が強制的に伸びる。腰に負担がかからない。なんでもっと早く買わなかったんだろう。で、お嬢さんたちは、さっそくバランスチェアも制覇していた。小春は、わたしのひざの上にのりにくくなったのが不満そうだけれど。

| | コメント (2)

2007/09/28

Apple キーボード

もともとのiMacについていたキーボードは、とてもとても打ちづらくて、けっこう負担になって手が痛くなったりしていた。それまでの、iBookのキーボードが軽くて打ちやすかったせいか、重くてしかたがない。商売道具だから、使う時間も長いし、がまんしているわけにもいかない。

で、ほかのキーボードを探しはじめたけれど、Mac用ってあまりない。サ○ワサプライの安いやつはぜんぜんダメ。純正品よりはるかに打ちにくいので、すぐに放棄。こんなにひどくては、上位機種を買う気にもなれない。

じゃあ、種類が豊富なウィンドウズ用を使えないかなーと思って調べたら、「WinK for OS X」という便利なソフトがあった。これで、BuffaloのBKBUJ109LGというキーボードをつないでみた。安い割りには打ちやすくてよかったのだけれど、しょっちゅうフリーズしてUSBを抜き差ししなくちゃいけないのがめんどう。これはもう高級キーボードを買うしかないかと思いはじめたころ、アップルが新商品を発表して、キーボードも新しくなるという。ノートパソコンに近いタッチだというし、使った人の評判もなかなかいいので、さっそく購入した。(高級キーボード買うよりはるかに安くてよかった。)

結果としては、たしかのiBookのキーボードに近くて、だいぶ快適になった。これでとりあえずは満足。

| | コメント (0)

2007/04/06

バイオライト


目を酷使する仕事なので、2年ほど前にバイオライトを買った。さすが、だてに高いわけじゃない。目の疲労度がぜんぜんちがう。わたしの使っているLUXO(ラクソ)は、スペースをとらず、細長いので遠くまで届くのがいい。

| | コメント (2)

2007/03/09

ページホルダー

ページホルダー

本を180度開いてホールドしておくのは、ブックスタンドだけでは無理。前は書類をはさむ大きめのクリップでがしっと押さえつけいたのだけれど、あまり使い勝手はよくない。で、ブックスタンドを探していたときたまたま見つけたのがこれ。もともと楽譜をホールドするものだから、ぜんぜん見たことなかったけれど、すごーく便利。楽譜も一定の時間開きっぱなしにしなくちゃいけないから、こういうのが必要だったか。当たり前といえば当たり前だけれど、意外な盲点だった。見た目も王冠みたいでかわいいし、とっても気に入っている。(お嬢さんたちに狙われないように気をつけないと!)

| | コメント (0)

2007/03/08

ELECOM ブックスタンド EDH-004

ELECOM ブックスタンド EDH-004

書籍を翻訳するときは、しばらくのあいだ同じページを開いておかなければならないので(ふつうに読むよりはるかに長い時間)、ブックスタンドは欠かせない。今まで使っていたのはコンパクトで良かったのだけれど、本をホールドする力が弱くて(というか、本をがしっと180度開きっぱなしにするという、普通じゃない使い方をするこっちが悪いのだけれど)、あれこれ工夫しなければならなかったので、いいブックスタンドはないかと探していた。

そこで、見つけたのがこれ。置くところが本の形状に合っていてゆるやかにカーブしているので安定感があり、ホールド部分もかなりしっかりしている。しかも、値段も手頃。けっこうごつくて場所をとるため、万人向けとは思わないけれど、本をずっと開いて見る場合にはおすすめ。


| | コメント (0)