子ども文化

2008/06/14

『金色のガッシュ!』作者が小学館を提訴

121318398110616429093雷句誠氏のブログ 『雷句誠の今日このごろ。』

ひじょうに残念です。原稿を紛失されたことはもちろん、裁判にもちこまざるをえないくらい信頼関係が損なわれてしまったことが。今のところ、雷句さんサイドの主張しかわからないのだけれど、ここまで行動をおこすのは、よほどのことがあったのだろうと想像します。

ガッシュはもちろん、ポケモンやドラえもんなど、すばらしい、日本の宝ともいえるキャラクターを生みだし&育ててきた小学館です。読者を、子どもたちを裏切らないためにも、今後、真摯かつ誠実な対応をとってくれるよう、心から願います。

| | コメント (2)

2004/11/05

ハロウィンで、ピカチュウのコスプレ

10月31日づけの「産経新聞」で、歌手の西田ひかる(現在アメリカ在住だそうだ)が、「米国中が仮装にフィーバー」というハロウィンについての記事を書いていた。

そこにあったハロウィンのコスプレ写真。小さな女の子がピカチュウ頭の帽子をかぶり、両ほっぺに赤丸を描いていて、めちゃくちゃかわいい! ピカチュウって、ここまでアメリカの子どもに愛されているんだとついつい感涙。

ちなみに、今年の一番人気は、ブッシュとケリーのゴムマスクだったそう。その大統領選挙も、終わった。アメリカ、これ以上世界から嫌われることがないといいけれど。アメリカが第二の故郷とおもっているわたしとしては、かなり複雑である。

| | コメント (0)

2004/08/04

試写『金色のガッシュベル!! 101番目の魔物』

『金色のガッシュベル!! 101番目の魔物』の試写を観た。

ガッシュと清麿呂が、原作コミックスではまだ登場していない魔界へいく。はじめて知る情報がたくさんあり、作品の世界がひろがっておもしろかった。

ストーリーは、魔界の王候補の100人に入れなかった超天才児のワイズマンが、自分のかわりにガッシュがズルして選ばれたのだろうと思いこみ、非常時用に保管されていた魔本を盗んで人間界に潜入する。ワイズマンにだまされて魔界に来たガッシュは、自分がズルをしたと思いこんで一時は戦意消失。一方で、ワイズマンは自分こそ王だ!! とキャンチョメ、ティオ、ウマゴンらに襲いかかる。で、非常時用の特別な魔本が、信じられない威力を発揮するが……。

全体的に、本筋がどっしりしていてわかりやすく、加えて、随所にいつものおちゃらけギャグがたくさんあって、とても楽しめた。映画ならではの風景描写(日本、魔界ともに)も美しかった。

でも、キャンチョメもウマゴンも、ガッシュと同じくらい落ちこぼれっぽいのに、なんでワイズマンはズルをしたのはガッシュだと決めつけているんだろう?? なんにせよ、魔界始まっていらいの天才なのに選ばれなかったら、そりゃ本人は納得がいかないだろうと同情もしてしまう。でも、ワイズマンが選ばれなかった深い理由はだんだんとわかってくるわけで、持って生まれた才能がすごすぎたための悲劇というか、おごりというか、そのヘンが、同じようにエリートながらも不器用そうなブラゴとの違いなのかも。まあ、最終的に、ほんとうにすごい人は、持って生まれた才能以上に、それを活かすための努力や忍耐力といったプラスアルファがあるからこそということで。

難をいえば、ワイズマンのやり方が、原作に登場した某悪玉とやや似ているかなということ。けれど、こういう形で敵役を出すとなると、方法はかなり制限されるのかなとも思う。

| | コメント (0)

2004/06/18

ポケモンフェスタ2004

今年の夏も、ポケモンフェスタが全国各地で開催されます。詳細はこちらからどうぞ。

ルギア、ホウオウがゲットできるしんぴのチケットプレゼントがうれしいです。

公式サイトでは、壁紙のダウンロードなどもできます。

| | コメント (0)

2004/06/17

『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われた姫君』今冬発売決定

『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われた姫君』今冬発売決定。詳細はこちら

うれしいけれど、どうやって時間をつくるかが悩みどころ。まだリメイクのVでさえ、手つけていないっていうのに。

| | コメント (0)

セブンイレブン ポケモンフェア

ポケモン掲示板で、GOODYさんからの情報です。

今年の夏も、セブンイレブンで、ポケモンのフェアがあります。詳細はこちら

海洋堂制作のボトルキャップが、いい出来。なんとかゲットするぞ!

ほかに、ガチャポンとか一番くじとか、縁日気分で楽しそうです。

| | コメント (0)

ANA 「ピカチュウジャンボ」就航中

今年も、ANA全日空のピカ夏がはじまりました。詳細はこちら

新しいピカチュウジェットもかわいいけれど、機内限定のスポーツウォッチ。めちゃくちゃかわいい! なんとかだれかに頼んで買わなくちゃ。

ほかに、期間&機内限定上映の短編アニメ「ピカチュウのなつまつり」も見たいなあ。

ピカ夏家族旅行に参加した子どもは、「ピカT」がもらえる。これはぜったいに差別だ。(大人のほうが料金高いのに。)

| | コメント (0)

2004/06/09

運動会

わたしのすんでいるところは、道路をはさんで向かいが中学校である。だから、キンコンはいつも聞こえるし、下校時とか部活のかけ声とか、とにかく平日の日中はにぎやか。

その中学校、もうすぐ運動会らしくて、すこし前にポストに封書が入っていた。なにかと思ったら、運動会の練習とかでうるさくてご迷惑をかけるけどカンベンしてねという内容。ここで暮らして10年近くなるが、わざわざ手紙をよこすなんて初めてである。去年あたり、どこからか苦情でも来たのだろうか。まあ、わたしはそういうことにはぜんぜん神経質でなく、生活音として、いつも「おー、やってるやってる」くらいにしか思わないからべつにかまわないのだけれど。

で、昨日。朝っぱらから、開会式の全校リハーサルをやっていた。ごていねいに、ラジオ体操までリハーサルしている。が、聞いているうちに、その内容に、違和感。先生が、「○年生おそい!」とか「もっと腕をのばせ」とか、10秒ごとくらいに文句をつけているのだ。なぜ、ラジオ体操を(そもそも、準備のための運動でしょ?)、そんなにキッチリそろえなければならないのか? なんだか、どこかのマスゲームみたい。バレエできれいにそろった群舞はこの上ない美だが、運動会でマスゲームなラジオ体操はブキミである。

ゆとりの教育とか個性をのばすとか、最近の教育について聞く言葉ではあるが、実情は、ラジオ体操の型にさえも、ぎゅうぎゅう押し込めている? 国歌斉唱の問題以前に、けっきょくは、まだまだ詰め込みなのねーと思わずにはいられなかった。(あ、でも、そういいつつ、ラジオ体操にねちねち細かく指導してられるなんて、あの学校は平和だなー、と牧歌的な気分にもなった。)

| | コメント (0)

2004/06/07

第20回次世代ワールドホビーフェア

東京会場 6月19日(土)、20日(日)
札幌大会 6月27日(日)

詳細は、こちらからどうぞ。

| | コメント (0)

2004/06/06

ポケモン@プラネタリウム

ポケモン掲示板のGOODYさんからの情報より。

ポケモンAGのプラネタリウムのプログラムが、今月から全国で上映されます。
詳細は、以下のリンクから、ごらんください。

さいたま市宇宙劇場(さいたま市大宮区)
豊橋市視聴覚教育センター(愛知県豊橋市)
文化パルク城陽プラネタリウム(京都府城陽市)
東大阪市立児童文化スポーツセンター ドリーム21 (大阪府東大阪市)
ソフィア・堺 プラネタリウム(大阪府堺市)
長崎市科学館(スターシップ)(長崎県長崎市)

| | コメント (0)