« 肌荒れ、途中経過 | トップページ | 小町 その後 »

2010/02/05

膀胱炎

Sbsh1036小町がここ最近頻繁におしっこにいき、おとといくらいは、いってもほとんどおしっこが出ない。ごはんは普通に食べるけれど、いつもよりおとなしい。ネットで調べて、膀胱炎? と思ったときは、すでに病院は終わっている時間。緊急事態だったらまずいので、かかりつけの病院と提携している夜間救急医療センターに電話したところ、(1)話を聞いたかぎりでは膀胱炎の疑い、(2)メスなので尿道がつまっている可能性は低い。(尿道がつまっていたら、すぐに処置しないと危険。)(3)触ってみて膀胱がふくれていなければ、膀胱に違和感があるからおしっこが溜まる前にトイレにいっているため、頻尿なのだろう。というわけで、朝まで待って病院に連れていった。(温めてあげたら頻尿が少しおさまったから、冷えが原因か?)

結果はやっぱり膀胱炎。ただ、そのときは膀胱がからっぽでおしっこの検査ができず、結石なのか細菌性なのか調べられなかった。超音波エコーで見たところ、結石は見つからず。消炎の注射を打ってもらい、1週間分の消炎剤をもらう。

薬が効いたのか、頻尿はおさまり、ふだんの8割くらい元気になった。あとは、おしっこを持っていくだけなのだけれど、これがむずかしい。小町はこういうことに神経質で、砂がないとトイレしないし(病院でアドバイスされた「砂を抜いてトイレ」は無理)、じろじろ見るだけでもいやがって中断してしまう。ネットで見ると、タイミングよくおたまをお尻の下に入れておしっこを受けとるという方法がいいらしいけれど、とりあえず昨日から試してはいるものの、ちょっと目を離したすきにトイレにいかれてしまったり、こちらの挙動不審に気づかれたりして失敗の連続。これでほんとうに取れるんだろうか。

とにかく、早くよくなってね〜。


|

« 肌荒れ、途中経過 | トップページ | 小町 その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 肌荒れ、途中経過 | トップページ | 小町 その後 »