« 世界バレエフェスティバル「ドン・キホーテ」 | トップページ | 世界バレエフェスティバル 全幕特別プロ「白鳥の湖」 »

2009/08/04

世界バレエフェスティバル Aプロ

2009年8月3日

楽しかった。でも、長かったー!

今回は、やっぱりなんといっても、ダニール・シムキン。踊りがとにかくきれいで、かろやか。チャイコフスキー&バランシンのさわやかな恋のたわむれがほんと似合っている。カーテンコールでは、まわりの大人なダンサーにかこまれ(となりのヌニェスより小さかった?)、ドン・キでは高校生だったのが、中学生になっていた。いや、それでもかわいいからいいんだけれど。『ホーム・アローン』のころのマコーレー・カルキンが、そのまま成長した感じ。

コチェトコワもキュートでよかった。足さばきは軽快で、上半身がゆうが。彼女のこんぺい糖とか、見てみたい。

ヌニェス、あいかわらずすごい回転していた。コジョカルは、もう元気な姿が拝めただけで満足。コボーとラブラブムード全開なのがほほえましい。「眠り」も楽しみ。

「ライモンダ」は衣装が豪華でシックですてき。シュツットガルトの「眠り」も衣装・舞台装置がすごく美しかったけれど、ライモンダも全幕あるならぜひ見てみたい。アイシュヴァルトは、気品と貫禄たっぷりのお姫さまでよかった。

「黒鳥」は、つい最近見たばかりのザハロワ&ウヴァーロフだけれど、今回はボリショイ版だから、またひと味ちがう。っていうか、ボリショイ版大好き。王子のソロも、オディールのソロも。とくにウヴァーロフののびやかなラインがツボなので見られてうれしかった。ザハロワは、どの演目よりも見なれた感のあるこのパ・ド・ドゥでも(だからこそ、この演目を選ぶには、中途半端な踊りはできないと思う。とくに、このメンツでは)、ラインの美しさで劇場を圧倒してしまうのだから、さすがー。いつ見ても、ありがたい造形美。

ポリーナちゃん、サラファーノフもしっかり見せてくれた。サラファーノフは、シムキンと比べると、体ががっしりしたなあという感じがしたのだけれど、やっぱりがっしりしたのかなあ?(前回のマリインスキー公演では、えらくきゃしゃな印象だったから。)


以下コピペ

■第1部■ 18:00~19:10

「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」
振付:ジョージ・バランシン/音楽:ピョートル・I.チャイコフスキー
マリア・コチェトコワ ダニール・シムキン

「くるみ割り人形」より "ピクニック・パ・ド・ドゥ"  
振付:グレアム・マーフィー/音楽:ピョートル・I.チャイコフスキー
ルシンダ・ダン ロバート・カラン

「海賊」
振付:マリウス・プティパ/音楽:リッカルド・ドリゴ
マリアネラ・ヌニェス ティアゴ・ソアレス

「エラ・エス・アグア ‐ She is Water」
振付:ゴヨ・モンテロ/音楽:コミタス、クロノス・カルテット
タマラ・ロホ

「くるみ割り人形」
振付:レフ・イワーノフ/音楽:ピョートル・I.チャイコフスキー
ヤーナ・サレンコ ズデネク・コンヴァリーナ

「コッペリア」
振付:アルテュール・サン=レオン/音楽:レオ・ドリーブ
アリーナ・コジョカル ヨハン・コボー


<休憩20分>


■第2部■ 19:30~20:45

「ジゼル」より第2幕のパ・ド・ドゥ
振付:ジャン・コラーリ、ジュール・ペロー/音楽:アドルフ・アダン
上野水香 マチュー・ガニオ

「クリティカル・マス」
振付:ラッセル・マリファント/音楽:リチャード・イングリッシュ、アンディ・カウトン
シルヴィ・ギエム ニコラ・ル・リッシュ

「ライモンダ」より第3幕のパ・ド・ドゥ
振付:マリウス・プティパ/音楽:アレクサンドル・グラズノフ
マリア・アイシュヴァルト フィリップ・バランキエヴィッチ

「スカルラッティ・パ・ド・ドゥ」(「天井桟敷の人々」より)
振付:ジョゼ・マルティネス/音楽:ドメニコ・スカルラッティ
アニエス・ルテステュ ジョゼ・マルティネス

「ディアナとアクティオン」
振付:アグリッピーナ・ワガノワ/音楽:チェーザレ・プーニ
シオマラ・レイエス ホセ・カレーニョ

「オテロ」 
振付:ジョン・ノイマイヤー/音楽:アルヴォ・ペルト
エレーヌ・ブシェ ティアゴ・ボァディン


<休憩15分>


■第3部■ 21:00~22:15

「椿姫」より第1幕のパ・ド・ドゥ   
振付:ジョン・ノイマイヤー/音楽:フレデリック・ショパン
オレリー・デュポン マニュエル・ルグリ

「フォーヴ」  
振付:ジャン=クリストフ・マイヨー/音楽:クロード・ドビュッシー
ベルニス・コピエテルス ジル・ロマン

「白鳥の湖」より"黒鳥のパ・ド・ドゥ"
振付:マリウス・プティパ/音楽:ピョートル・I.チャイコフスキー
スヴェトラーナ・ザハロワ アンドレイ・ウヴァーロフ

「カジミールの色」
振付:マウロ・ビゴンゼッティ/音楽:ドミトリー・ショスタコーヴィチ
ディアナ・ヴィシニョーワ ウラジーミル・マラーホフ

「マノン」より"寝室のパ・ド・ドゥ"
振付:ケネス・マクミラン/音楽:ジュール・マスネ
ポリーナ・セミオノワ フリーデマン・フォーゲル

「ドン・キホーテ」
振付:マリウス・プティパ/音楽:レオン・ミンクス
ナターリヤ・オシポワ レオニード・サラファーノフ


指揮:ワレリー・オブジャニコフ  
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団  
ピアノ:高岸浩子

|

« 世界バレエフェスティバル「ドン・キホーテ」 | トップページ | 世界バレエフェスティバル 全幕特別プロ「白鳥の湖」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。