« どっぷり喪中 | トップページ | 採用画像 »

2009/01/06

初七日

Pb040622HPトップに貼ってある、ずいぶん前のサンデー。まだあどけない感じ。やっぱり皐月に似ている。

今日で初七日。

わたしは死体が怖い。って、怖くない人のほうが少ないと思うけれど。これまでも、親せきが亡くなったり、うちの犬や猫が亡くなったときに亡骸と対面したけれど、死と直面するのはほんと怖くて、触れたとしても、おそるおそるそっとかするくらいだった。たとえそれがとても愛情を抱いていた相手だとしても。

でも、サンデーはちがった。生前のように顔をなで、抱きしめてほおずりし、いつものようにキスをした。前足にも肉球にもさわった。こんなことができるなんて、正直なところ自分でもびっくり。ああ、それほどサンデーが大好きだったんだなあと、あらためて実感した。亡くなっても、まだ贈り物をくれるサンデー。ほんとに、なんて偉い子なんだろう。ありがとう、サンデー。

|

« どっぷり喪中 | トップページ | 採用画像 »

コメント

まちさま
ご無沙汰しております。立夏ママです。
今年も宜しくお願いします。

サンデーちゃん、お空にかえったんですね。
知らなかったとはいえ、お悔やみがおそくなり、ごめんなさい。

まちさんのコメントを拝見していて、
見送るということの大切さを、再確認しました。
飼い主の最後の愛情は、その子の最期を
見守ってあげる事だと思います。
お母様の腕の中で逝く事ができたサンデーちゃんは、とても幸せだったと思います。

目が見えなくなっていても、耳が聞こえなくなっていても、飼い主の言葉やぬくもりは
伝わっています。
ましてや、亡くなった後も、お互いが、ありがとうと云う気持ちで繋がっています。
まちさんに抱かれ、サンデーちゃんは喜んでたでしょうね。

最近はペットも高齢化しています。
若いときと違って、色々な面で老化していくわけですが、人間の寿命より短い分、一生懸命自分の人生を真っ当する訳ですし、一緒に歩幅を合わせてあげられたら、と思います。

心からご冥福を申し上げます。

最後に、
サンデーちゃん、
まちさんのお家に来られて本当に良かったね。
皆に幸せをあげて、皆に幸せを貰ったんだね。
画像しか見たこと無かったけど、なんだかとっても気になる子だった。
お疲れさま。安らかに。
合掌。

投稿: 立夏ママ | 2009/01/07 13:00

立夏ママさま
おひさしぶりです。
今年もよろしくお願いいたします。

サンデーのこと、ありがとうございます。
病気で苦しむこともなく死ぬ数日前まで元気で
家族に見まもられて逝けたのだから
ほんとうによかったなあと思います。
でも、やっぱりまだちょっと寂しいですねえ。
サンデーはわたしにとって特別な子だったので。

サンデーの分も、うちの子たちを大切にします。
それがいちばんの供養ですよね。

はなちゃんはお元気ですか?

投稿: 神戸万知 | 2009/01/08 03:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どっぷり喪中 | トップページ | 採用画像 »