« 国際児童文学館の存続のための署名 | トップページ | 増刷 DSA1ー1〜3、2−1&2 »

2008/05/14

『とうさんねこのたんじょうび』


『とうさんねこのたんじょうび』(末吉暁子 文、垂石眞子 絵、BL出版)

ねこファミリー(父さん、母さん、こねこ3匹)が登場する、ほのぼのかわいい絵本。とうさんねこの誕生日に、みんなでサプライズパーティーを計画する。かあさんがでかけて、留守番をたのまれたとうさんは、こねこがいないのに気づいて大あわて……。

こねこ3匹が、うちのお嬢さんと似たような配色なのがうれしい〜。垂石さんらしい、ユーモラスなねこなのだけれど、なに考えているのかわからないようなとぼけ顔が、じつはすごくほんものっぽかったりする(ねこはそこがキュートなのだ)。ねこのたれ具合もいい感じ。とちゅうのにぎやかな場面では、「ウォーリーを探せ」気分であそべるし、とうさんねこの持っている本が「3びきのいたずらこねこ」だったり、ディテールもこっている。

|

« 国際児童文学館の存続のための署名 | トップページ | 増刷 DSA1ー1〜3、2−1&2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国際児童文学館の存続のための署名 | トップページ | 増刷 DSA1ー1〜3、2−1&2 »