« てへっ | トップページ | ぶっつぶし »

2007/06/01

『牡丹さんの不思議な毎日』

牡丹さんの不思議な毎日
柏葉 幸子作 / ささめや ゆき絵
あかね書房 (2006.5)
通常24時間以内に発送します。

柏葉幸子さんが産経児童出版文化賞の大賞を受賞されて、お祝いにいってきた。子どものときに読んだ『霧のむこうのふしぎな町』以来、ずっとファンなのだけれど(数少ない名前を覚えた作家さんだった)、すごいとおもうのは、今も新作を読むたびに、昔と同じ新鮮なわくわく感を味わえること。この『牡丹さん〜』も、『霧のむこう〜』のように、ふしぎなキャラがわらわらと楽しいし、あーいってみたい! という気持ちがかきたてられる。ふしぎなんだけれど、地続きでもある世界のリアリティがたまらない。

うたちゃんちのマカ
柏葉 幸子作 / 石川 由起枝絵
講談社 (2007.5)
通常24時間以内に発送します。

出たばかりの、こちら『うたちゃんちのマカ』も、マカ不思議なペットの造形が、ごっこ遊びの域を超えて、リアルに欲しい!!! とあこがれてしまう。たとえば、プルマンの「ライラ」シリーズのダイモンは、フィクションだとわかっているけれど、マカはほんとうにあり得るんじゃないかとついおもってしまう。今はお嬢さんたちがいるからいいけれど、もしいなければきっと悶えていたことだろう。いや、でも、ドラゴンとかイルカとか、飼ってみたい。

|

« てへっ | トップページ | ぶっつぶし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« てへっ | トップページ | ぶっつぶし »