« スクラップブッキング | トップページ | マリインスキー・バレエ「ヴィシニョーワのすべて」 »

2006/11/27

『ドラゴンキーパー』書評

『ドラゴンキーパー』書評(産経新聞、2006年11月27日)こちら

オーストラリアの作家が描く、古代中国を舞台にした龍のファンタジー。異文化を尊重しきちんと調査されていて、説得力がある。また、古いなかにも、女性のあり方など現代の視点がうまく盛りこまれている。翻訳もわかりやすいように工夫され、的確で読みやすかった。

ドラゴンキーパー
キャロル・ウィルキンソン作 / もき かずこ訳
金の星社 (2006.9)
通常24時間以内に発送します。

|

« スクラップブッキング | トップページ | マリインスキー・バレエ「ヴィシニョーワのすべて」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スクラップブッキング | トップページ | マリインスキー・バレエ「ヴィシニョーワのすべて」 »