« ネコ密度 | トップページ | 書評『宝島』 »

2006/10/21

タイムカプセル

Img_6429小学一年生のときに埋めたタイムカプセルが、今年創立100周年を記念して開封されることになった。埋めたことはしっかり覚えていたが、なにを入れたかなんて完全に忘却の彼方である。それより、都心の学校で統廃合とかありながら、無事100周年をむかえられてたいへんめでたい。なつかしい校舎は、なんだかとっても小さかった。

わたしの学年はいちばん参加者が少なかったようだが、ずっとクラスがいっしょだった子とかに会えた。しかし、みんな、意外なことを覚えているものだ。

Img_6433で、わたしのタイムカプセル。ハッキリいって、たいしたことは書いていない。ちょうど古い校舎から真新しい校舎に移ったばかりで、学校がきれいなのがよほどうれしかったらしい。あとは、むりに書かされたせいか、けっこうやけくそ気味。左の絵は、3人とも将来のわたしらしい。っていうか、3人も描くなよ。おもいがけない自分のナルぶりにあきれてしまった。ほかの子は、友だちとか描いているのに(わたしのことを描いてくれた子もいた。当時仲良かったのねー)。

|

« ネコ密度 | トップページ | 書評『宝島』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネコ密度 | トップページ | 書評『宝島』 »