« 書評『宝島』 | トップページ | ずくなし »

2006/10/24

ずくありすぎ

V6010561寝ているときは、ほんっとにひたすらかわいい。これが目を覚ますと……アッパレなほど行動力があり、なにかを探したり、いじったりしているとあっというまに横に来てちょっかいを出す。今日も切れた電球を変えようと脚立を出したとたんに、乗っかっているし。押し入れもあけたそばから潜りこんでしまう。「ずくなし」の反対で「ずくありすぎ」の小町である。

|

« 書評『宝島』 | トップページ | ずくなし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 書評『宝島』 | トップページ | ずくなし »