« 今日のドアップ | トップページ | 大きくなった »

2005/04/14

ロシア児童文学の世界

開催期間: 2005年4月23日(土)〜9月18日(日)
休館日: 月曜日、国民の祝日・休日(4/29、5/3,5/4,7/18)
資料整理休館日(5/18,6/15,7/20,8/17)
開館時間: 9:30〜17:00
会場: 国際子ども図書館3階 本のミュージアム

<紹介文の引用>

 ロシア文学は、明治の昔から日本の人びとに親しまれてきました。「おおきなかぶ」や「森は生きている」、「しずかなおはなし」、「イワンのばか」など、数々の児童文学作品も子どもたちにおなじみです。これらの作品は、どのように生まれ、日本に紹介されたのでしょうか?

 このたびの展示では、当館が所蔵する4,500冊に及ぶロシア語児童書の中から400点を選びロシア児童文学の世界を二部構成でご案内します。

詳細はこちらからどうぞ。

5月28日(土)に三木卓さんの講演会、7月下旬、8月下旬、9月上旬には松谷さやかさんによるギャラリートークが予定されているようです。

|

« 今日のドアップ | トップページ | 大きくなった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日のドアップ | トップページ | 大きくなった »