« やまねこ賞 | トップページ | 書評『シマウマのカミーラ』 »

2004/12/19

『ねないこ どのこ』

ねないこどのこ
フィリス・ルート文・スーザン・ゲイバー絵・野の水生訳

出版社 フレーベル館
発売日 2004.12
価格   ¥ 1,365(¥ 1,300)
ISBN   4577029774

bk1で詳しく見る  オンライン書店bk1

子ヒツジの絵が、あどけなさもふくめて、ほどよくリアルでかわいい。このちんまり加減、最高! 眠れないときにヒツジを数えるが、なかなか眠らない子ヒツジで数え本にしてしまうアイディアがナイス。一匹いっぴき、眠気をもよおす様子もきちんと描かれている。

ちなみに、訳者の野の水生さんは『穴』(ルイス・サッカー、講談社)などを翻訳されている幸田敦子さんの新しい筆名。五七調のテンポいい訳文は、読みながら頭にリズムがうかんできておもわずうたいたくなる。

そういえば、実家にネコがたくさんいたとき、家に帰るごとにネコの点呼をしていたのを思い出した。一、二匹ならすぐ終わるのだけれど、五匹とかいると、いつも最後の一匹を見つけるのに手間取った。(なんせ、ネコさんたちはマイペースだから、呼ばれているのがわかっていても、気がむかないと出てこない。)

|

« やまねこ賞 | トップページ | 書評『シマウマのカミーラ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やまねこ賞 | トップページ | 書評『シマウマのカミーラ』 »