« 『ミスター・インクレディブル』公開 | トップページ | 「そらをとぶピカチュウプレゼント」 »

2004/12/06

大(Oh!)水木しげる展

大(Oh!)水木しげる展@江戸東京博物館にいってきた。開催期間は1月10日(月・祝)まで。

水木さんの妖怪画はもちろん、16歳のころの絵や、紙芝居、貸本などもたくさんあった。16歳の絵の、その完成度の高さにびっくり。少女マンガや地獄絵図や戦艦物など、いろいろな画風を描き分けていらっしゃるのにも感心した。とくに、淡くて優しい妖精画がよかった。京極夏彦さん所蔵の貴重な貸本など、中身が読みたくてむずむずした。世界各地で収集された水木さんの妖怪お面グッズなども、さすがに妖怪の気配ただよう迫力だった。この企画展のための描きおろしもあり、さいきんは筆でないともうダメだということなのだが、そのやさしいラインと詳細な細部が見事に融合している。これぞ、あわいの世界というか。

水木展後は、ビヤステーション両国で忘年会。お相撲には何度も来たことがあるが、ちゃんこ鍋ははじめて。これがなかなかおいしくて、とても気に入った。ちなみに、鶏ちゃんこ鍋。海鮮系はきらい。

|

« 『ミスター・インクレディブル』公開 | トップページ | 「そらをとぶピカチュウプレゼント」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ミスター・インクレディブル』公開 | トップページ | 「そらをとぶピカチュウプレゼント」 »