« ハリポタ5巻、売れ行き鈍化 | トップページ | 『人魚ひめ』 »

2004/10/04

『みにくいあひるの子』

ud_ingpen.jpg

(ハンス・クリスチャン・アンデルセン作、角野栄子文、ロバート・イングペン絵、小学館、税込1733円)

アンデルセン生誕200周年記念出版ということで、文はすべて角野栄子さん、絵は国内外の有名なイラストレーターが描いている。このイングペンは、『魔法使いになるための魔法の呪文教室』(東洋書林)の絵を描いた方。シックな画調は同じだが、動物の絵が思いのほかやさしい感じですてき。ほかには、『人魚ひめ』@リズベート・ツヴェルガーと『空とぶトランク』@スズキコージが気に入った。

|

« ハリポタ5巻、売れ行き鈍化 | トップページ | 『人魚ひめ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハリポタ5巻、売れ行き鈍化 | トップページ | 『人魚ひめ』 »